Erisuma File 日記帳

思ったことや感じたことを書き綴る日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Permalink | Trackback(-) | Comment(-) |
8月6日の広島に続き、本日は60回目の長崎原爆忌。
日本では(?)8月に入ると続々と、戦争(第2次世界大戦)関連の番組が放送されます。
今年は戦後60年。”たった”60年前のことなのに、戦争のことを語れる方は
どんどん減っている。戦争が”過去”のものとして風化されそうになっている。
この60年、日本は平和だったけど、世界中から争いがなくなることはなかった。
戦争やテロという名のもとに、人殺しを正当化しているとしか思えなくて、苦しい。

核保有国も増えてしまって「何で?」と思うと同時に、悲しくなってくる。
小学生の時に広島に行き、原爆資料館でのあまりの恐怖(小学生ゴコロ)に熱を出し、
高校の修学旅行で長崎に行き、同じく原爆資料館で号泣した私にとっては、胸が痛い。
あのヒロシマ・ナガサキの惨状を見ても、核兵器が欲しいと、必要だと言うのか!?
「抑止力になるから」とかいうことらしいけど、そういうことじゃないんじゃないの!?
どこの国も核兵器を持たなければいいだけの話だと私は思うんだけど、国と国との
関係ってそんな単純なものじゃないの!?(まぁ、いろいろはあるだろうけどさ)
核保有国が他の国に「核を持つな」ということ自体が矛盾しているし、何の説得力もない。
核というものが何を抑止しているのかさえも、わからなくなってくる。

【どうして、同じ人間同士が殺しあうの? 人間って、そんなにアホやったんか。
それやったら、算数のできないアホな僕の方がよっぽどマシや!】

私の大好きな作品『THE WINDS OF GOD』の劇中に出てくる、”キンタ”の台詞。
戦争やテロのニュースを見るたびに、この台詞が胸にぐさりと突き刺さります。

平和なはずの日本だって毎日驚くような、目や耳を疑うような事件が起きている。
いつもどこかで、誰かの命が誰かに奪われているような、悲しい出来事ばかり。
私はバカなので難しいことはよくわからないけど、命は尊いものなんだと
思っているし(だって、生命が誕生したのってものすごーい奇跡なんだよ!?)
もう少しだけでも、自分や他人に優しくなれたら、思いやることができたらきっと、
争いもなくなるんじゃないかと感じてもいます。←難しいかもしれないけど(>_<)
それって、単純だけどすごく大切なことだと思いませんか!?(偉そうに言うな)

【争うことでだけ気持ちを表せる そんな時代に
誰もがきっと うんざりし始めているのかなぁ】

SMAPさんの最新アルバム(3枚組♪←CMじゃないよ(自爆))『SAMPLE BANG!』に
収録されている『Dawn』という曲の歌詞の一節。とっても優しい気持ちになる歌で
初めて聴いたときから惚れ惚れ。大好きな曲です(剛氏も好きなんだって☆★)。
反戦歌というものじゃないかもしれないけど(というか、私自身が”反戦歌”という
響きがあんまり好きじゃない)やっぱりもう少しだけでも、自分や他人に優しく
なれたら、思いやることができたらなって思わせてくれる曲(歌詞)なんです。
本当はもう1曲、胸が締め付けられるくらい切なくも素敵な、1回聴いただけで
大好きになってしまった曲があるんだけど、歌詞が曖昧なうえに出どころが
不明なので(未発表曲かもしれないので)ここには書かないで(”書けない”が
正しいかも)おきます。←今年のSMAP LIVEにイッた方はわかるかな!?(^-^;;

残念なことにこの先も、争いがなくなることはないんじゃないかと、
さらには悲惨な歴史を繰り返してしまうんじゃないかと、不安になったりもしますが
この先の世界をどう動かして(?)いくのかも、結局は自分たち次第。
過ちは繰り返さないと、繰り返してはいけないんだと、改めて強く思いました。

・・・なーんて語ってみたりしましたが、頭の中はまだまだSMAP LIVEモード。
2年ぶりのLIVEで先々週、先週と全力で(!)イッちゃって、壊れまくっていたせいか
浸りすぎていてなかなか現実(?)に戻れません(笑)今日のバイトも上の空で
全然仕事モードじゃなかったし(よくミスらなかったもんだ)。大丈夫かなぁ私・・・。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

初めまして、隠居です。
いやはやどうも、TB有難う御座いました。

・・・そうですね、未だ戦後「たった60年」でした。

核の「抑止力」は恐怖と疑心暗鬼による抑止力であって、世界各国の言う「国際社会との融和」と言う建前に背くのではないでしょうか。
愚老にも分かるのに各国の首脳はそんな事も分からんのでしょうか。

人間に「平和」は来そうに有りませんねぇ・・・

2005.08.10 22:31 URL | 楽隠居 #- [ 編集 ]

TBありがとうございます。
やっぱり唯一の被爆国であるということを私たち自身が忘れないようにしたいですね。
たとえ理想論と言われても、暴力や同じことをやり返して報復するといったことに訴えず、平和の道を探ってゆきたいものです。
所詮、自分の国の利益、ひいては自分の利益しか考えられないんですよね・・・これだけ世の中発達しても。日本はそこまで他の国の真似をする必要ないですよね。

2005.08.11 00:57 URL | 鈴之助 #be3FNRow [ 編集 ]

TBありがとうございます。

結局、日本人にとって太平洋戦争ってなんだったんだろう?ってことですよね。
うまく捉えられなくて、考えないようにしてる人が多いように感じます。
学校だけじゃなくて、家族や友人とも話して、
忘れないように考え続けなきゃいけないなぁ、と思っています。

2005.08.11 01:21 URL | ちば #2Z5jlXfU [ 編集 ]

楽隠居さん、鈴之助さん、ちばさん、初めまして。
コメントならびにTB、ありがとうございます。

>楽隠居さん
そうです、まだ戦後”たった”60年なんですよね。
【核の「抑止力」は恐怖と疑心暗鬼による抑止力】・・・よくわかります。
でもそんなもの、抑止力でも何でもないですよね!?
人間は”考える”ことができるはずなのに、どうして
愚かなのでしょうか。しかも偉くなればなるほど。
各国の首脳には「平和」の大切さ、「戦争」の愚かさを
もっともっと考えて頂きたいものです。

>鈴之助さん
日本は世界で唯一の被爆国だということ、そしてその
唯一の被爆国として世界に何を発信(?)していけるか、
何ができるか。これは忘れちゃいけないことだと思います。
確かに平和的解決というものはある意味、理想論なのかも
しれませんが、戦争やテロからは何も生まれない。
生み出されるのは悲しみと憎しみの連鎖だけです。
そんなもの、わざわざ必要とするものじゃないですよね!?
自分の国の利益、自分の利益に走りたくなる気持ちも
わかりますが、もう少しだけでも、相手のことを
考える、思いやることができたら違うのになって思います。
日本はそこまで他の国の真似をする必要はないと思います。

>ちばさん
ホント、日本人にとって”太平洋戦争”って何だったんでしょうね。
学校でも3学期の昭和史は何かと飛ばされていて、しっかりと
教えてもらったような記憶はないし、日本人なのに日本が
他の国にしてきたことがわからないという、恥ずかしいことにも
なっています(私が無知なだけかもしれないですが)。
そういうことがあるからこそ、余計にうまく捉えられなくて
考えないようにしているのかもしれません。
家族や友人ともこういった話をする機会を作ることは
なかなか難しいですが、目を背けずに考えていかなくちゃですよね。

2005.08.11 03:33 URL | Eri #oyCfJ0mM [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shengang.blog14.fc2.com/tb.php/355-3f17026a

長崎から60年
長崎。NHKの「赤い背中」を観た。16歳で爆心地から北へ1.8kmの地点で被爆した男性を追ったドキュメンタリー。現在76歳。焼けただれ真っ赤に骨まで見えそうな背中になり、何度も生死の境をさまよいながら、4年間の入院を経て退院。職場に復帰したら28名のうち

2005.08.11 00:53 | どかでら日記

核について思うこと。
1945年8月9日。 長崎に原爆投下。 それから半世紀以上もたっているのに、 核

2005.08.11 00:59 | ちば的

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。