Erisuma File 日記帳

思ったことや感じたことを書き綴る日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Permalink | Trackback(-) | Comment(-) |

次世代編! 

2005.09.20

私が本屋さんでチェックするのは雑誌が多いんだけど(SMAPさんもよく
載っていたりするし、土日バイト先でもよく読むので雑誌全般チェックします)、
今日は久しぶりに(?)コミックコーナーをいろいろと見て回っていたところ、
『ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編-』というマンガを発見!!
えっ?何!?『ぼくの地球を守って(ぼく地球(タマ))』の続編なの!?と
即、購入しました。そうかー、輪くんとありすちんのコドモのお話か~。
おー、未来路さんのコドモもいるじゃんよ~。紫苑と木蓮も登場するし♪
↑わからない方にはまったくわからないつぶやきですみません・・・(>_<)
『ぼく地球(タマ)』大好きなので楽しく読ませて頂きました。えへへ。
1巻ってことは、続きもあるんだよね!?今からとっても楽しみです☆★

私とこの作品との出会いは当時、文化放送系でOAされていた
”ラジメーション(声優さんたちのトークとラジオドラマで構成)”でのラジオドラマ
きっかけ。当時、声優さんを目指していた私は『魔神英雄伝ワタル3』から
ずっとこの”ラジメーション”を聴いていて(ヤバイ、年齢がバレる(汗))そのあとの
『ここはグリーン・ウッド(放送局)』もコミックを購入するくらいハマったし、
『ぼく地球(タマ)』もそうで、コミック版を友達に借りて読んだあと、文庫版が出たときに
買い漁りました(今は愛蔵版が欲しい!そのうち買う!!)。ラジメーション版は
コミックス版で触れられている、主人公たちの前世が詳しく(?)描かれて
いたので、原作好きな方にはもうたまらないんじゃないかと(何じゃそりゃ)。
あー、なんか、改めてこのドラマ、聴きたくなったかも(アホ?)。

そういえば今日、ネットサーフィン中に見つけた『キャスター通信』に、
『新選組!』続編の情報が載っていたので隅々まで(?)チェック。

・・・なんだ。榎本さん、違うのか。

続編を描く上で鍵になるだろう人物なのでちょっと(かなり?)期待していたりも
したのですが(一瞬、出演されたし♪)正直、ショックでした・・・。残念です(T_T)
うーん、まぁ、スケジュールも忙しそうだしな~(と、自分を納得させてみる)。
でもやっぱり、個人的希望としてはなぁ・・・ぶつぶつ(ウルサイ)。

今日はTVでOAされた『黄泉がえり』を見ました(^-^)v
・・・って、DVDを持っているからいつでも見られるんだけどね(笑)。
想いが人を黄泉がえらせる。切なくも優しい、心あたたまるストーリー。
映画を観た時も同じことを思ったけど、私が黄泉がえって欲しいヒトは
やっぱり、母親。3週間でもいいから、いろいろなことをしたいです。
まぁ、まず、今の生活習慣から思いっきり怒られそうですが(爆)。

・・・それにしても黄泉がえりでカッコイイ剛氏を見ていてきゅーん♪と
なっていたのに、そのあとの『”ぷっ”すま』でほろ酔い気分の剛氏を
見て、”同一人物なんだもんなー。笑っちゃうよなー(失礼な)”と
思ってしまった私はファン失格です(え?)。いやいや、そんなところも
大好きだけど(盲目)。今日のスーツ姿も素敵でした☆★(壊)うしし。

本日のweb拍手、12時台に押して下さった方、どうもありがとうございました☆★
コメントレスは下の”More..”からどうぞ♪♪
>リエちゃん
『WINDS』の観劇ツアー、とっても楽しかったよ~♪
今井さんにも撃ち抜かれたし(爆)。やっぱりスゴイオーラの持ち主です。
でも、日記にも書いてある通り(?)皆さんが私をリスさん(匠さん)の
大ファン(マニア)だと認識していらっしゃるよ・・・('99年と同じく?)。
嬉しいんだけど、結構恥ずかしいかも(おいおい)。なんちて。

『日本の歴史』はまさに近代史をしっかりやって欲しかったよね~。
冒頭で”教科書問題”にも触れているわけだし、その”教科書問題”の焦点は
近代史(昭和史?)だったりするわけだから、問題になっている部分を思いっきり
すっ飛ばすのは(ほぼ省略じゃんねぇ)どうかと思うわけですよ(+_+) まったくもーう。
そうなのよー。全体的には面白かっただけに私もそこは残念だったです。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shengang.blog14.fc2.com/tb.php/401-d6e50f8f

★ なぜ「ぼく地球」以外は駄作なのか 日渡早紀 『ボクを包む...
困ったな。新作がでちまった。迷って、ほっておいたら、買うの忘れてやんの(llllll´▽`llllll)読了する。分らない部分が出てくる。そんで『ぼく地球(たま)』を読み直す羽目になってしまった。読み直して驚いた。やっぱり圧倒的に面白い。全21巻。万人がこれより面白...

2005.09.28 18:27 | 書評日記  パペッティア通信

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。